第35回Population Pharmacokinetics研究会開催のご案内

時下、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて、第35Population Pharmacokinetics研究会が令和元年1129日(金)に慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館2F藤原洋記念ホールで開催されます。

 この度、研究会の参加登録フォームを公開しましたのでお知らせ致します。

 プログラムにつきましては、現時点での仮プログラムを掲載していますが,本年度は、本会開催前にプレカンファレンス教育セッションとして「マルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)法によるベイズ解析を用いたPopulation解析」に関する発表を設けさせていただきました。さらにはPMDAセッションとして「母集団薬物動態/薬力学解析ガイドラインおよび医薬品の暴露-反応解析ガイドライン(案)」に関するご発表とパネルディスカッション、京都大学 山下冨義先生により「PMxにおける機械学習・AI の活用」に関するご講演、Novartis Pharmaceuticals CorporationよりTycho Heimbach博士をお招きして「PBPK Model Applications in Drug Development」についてのご講演等を企画しております。

 事前参加登録のご案内を同ホームページ(PAGJa2019)に掲載しております。皆様の多数のご参加をお待ちしております。

 Population Pharmacokinetics研究会
会長 谷川原祐介

 35Population Pharmacokinetics研究会代表幹事
田島武志(ノバルティスファーマ株式会社)
竹中理(エーザイ株式会社)

E-mailsecret2019@pagja.org
URLhttp://www.pagja.org/