研究会概要

eyecatch_1

1989年に本会の前身である「NONMEM研究会」として発足し、当時日本では殆ど知られていなかったPopulation Pharmacokinetics(PPK)の薬物動態解析手法を導入し、広く国内に普及・活用しようという主旨で研究会を開催していました。当時は、 UCSFのProf. Sheiner & Prof. Bealによって開発された解析プログラム“NONMEM”が唯一の方法論であったため、NONMEM研究会と命名し活動を行っておりましたが、以降、新しくPPK解析が行える手法の開発も進んできたところで、1995年の第11回研究会より、NONMEMに限らず広くPPK解析を学び普及・発展を期するため「Population Pharmacokinetics研究会」と名称を変更し、活動を続けて参りました。その後、PPK解析に限定せずファーマコメトリクス全般にスコープを拡大し、その方法論と活用に関する研究発表と討論、並びに普及・啓発に貢献することを目的として、2021年の第37回研究会より、「Pharmacometrics研究会」として、新たな活動を開始しています。