研究会概要

eyecatch_1

1989年に本会の前身である「NONMEM研究会」として発足し、当時日本では殆ど知られていなかったPopulation Pharmacokinetics(PPK)なる薬物動態解析手法を導入し、広く国内に普及・活用しようという主旨で研究会を開催していました。当時は、 UCSFのProf. Sheiner & Prof. Bealによって開発された解析プログラム“NONMEM”が唯一の方法論であったため、NONMEM研究会と命名し活動を行っておりましたが、以降、新 しくPPK解析が行える手法の開発も進んできたところで、1995年の第11回研究会より、NONMEMに限らず広くPPK解析を学び普及・発展を期する ため「Population Pharmacokinetics研究会」と名称を変更し、今日まで活動を続けてきております。現在では、研究会参加者が約150名まで広がり、企業にお ける薬物動態専門家のみならず、大学、公共の研究機関に加え行政当局からも参加ならびに講演を頂いている状況です。