第37回 Pharmacometrics研究会プログラム案のご案内

時下、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

11月26日(金)に開催予定の第37回Pharmacometrics研究会(旧Population Pharmacokinetics研究会)のプログラムについて、以下の通りお知らせいたします(一部調整中)。
今年も昨今の状況を考慮しオンラインでの開催となります。

参加費は、一般参加:1,500円,学生:無料の予定です。なお,参加費のお支払い方法(Peatix社のサービスを利用予定)及びオンライン参加方法(ZOOM利用予定)については,後日,本ホームページにてお知らせいたします。

11:00 – 12:00     プレカンファレンス教育セッション*

Room 1:母集団薬物動態(PPK)解析の基礎

– PPKのすばらしさを実感しよう –

アステラス製薬株式会社 大石 昌代

 Room 2:母集団解析におけるパラメータ推定方法の特徴

– FOCE-IとSAEMの比較:昨年の教育セッションコンペを例に –

第一三共株式会社 柏原 祐志

同時刻で平行開催いたします。参加セッションの選択法などの詳細は後日お知らせいたします。

(休憩)

13:00 – 13:05     開会の辞

13:05 – 14:20     一般演題

                            演題募集中

14:20 – 15:05     基調講演

小児科医の立場からPMxに期待するもの

国立成育医療研究センター 庄司 健介

(休憩)

15:20 – 17:20     PMDAセッション

ICH E11ガイドライン(E11、E11(R1)、E11A)と小児用医薬品開発におけるPMxの活用:a regulatory perspective

医薬品医療機器総合機構 木島 慎一

シルデナフィルの小児開発事例

ファイザー 鈴木 昭之

ラコサミドの小児開発事例

UCB 岡垣 琢也

パネルディスカッション

17:20 – 17:25       閉会の辞

また,今回もPharmacometricsに関する一般演題を引き続き募集中です。これまでのPopulation PK(/PD)に関する内容の他、本研究会名称変更の理念に基づき、PBPK、QSPなどすそ野を広げた幅広いモデルを利用した医薬品開発又は研究に関する演題を募集しています。

発表のご希望は下記の連絡先へ連絡くださいますようお願い申し上げます。

一般演題応募期限:10/1

要旨提出:10/15

第37回Pharmacometrics研究会代表幹事

大野 朋也(小野薬品工業株式会社)

川口 敦弘(田辺三菱製薬株式会社)

E-mail;secret2020@pagja.org

最新投稿